車がもっと複雑化してしまい、予期できない不具合を引き起こす

自動車が電子化されてメカトラブルも増加、さらに危なくなった?

その結果、モーターが駆動せずシフトレバーがまったく動かないのだ。結局、丸山氏らは、前輪を持ち上げて移動させるしかなかったそうだ。商品化される先進技術メカニカルなクルマから電子化されたクルマへ。その進化にともなって、品質問題自体も電子システムや制御ソフトなどが絡み、より複雑さ、危うさを増していることは十分にご理解頂けたであろう。そんな状況の中、自動車メーカーはさらに複雑な先進技術の開発に突き進んでいる。

電磁波や、光エネルギーのレーザーなどを発射して、目標物からの反射で位置を決める装置をレーダーというが、最近は、そのような装置を搭載したクルマが多くなってきた。フロントウィンドウ上部から外に向けてカメラを搭載するクルマも増えている。このカメラは写真を撮るためではなく、車線を分離するために路面上に白く描かれている白線を読みとるためのものだ。

このようにレーダーやカメラをクルマに搭載して、進行方向の安全を確認したり、アクセルを踏まずに前のクルマを追従したりすることを「運転者支援」と呼んでいる。支援という言葉が使われているのは、これらの装置がドライバーに代わってクルマの運転をするのではなく、あくまでもドライバーの手助けをするという意味合いからだ。実際に運転者支援装置を試すために、何台かの広報車に試乗してみることにした。試乗車はトヨタ「セルシオ」、ホンダ「インスパイァ」、日産「フーガ」などで、どれも先進技術を満載したクルマだけに、そのお役立ち度を知る上では最適といえよう。運転者支援装置の一つである車間距離制御(レーダー・クルーズ・コントロール)をセルシオで試したのは関越道でのことだ。
調べて分かったんですけど、車買取の業者ってこんなにもたくさんあるんですね。しかも、どこで査定しようか迷ったらこれまた一括査定サイトなるものもあるんですね。まさに至れり尽せりです。
私はMr.自動車ローンのお得なキャンペーンコードを利用して、自慢のマイカーを購入しました。低金利ですし、おすすめです。


一方、日産のフーガでは、レーン・キープ・アシストを除いた二点で一七万八五〇〇円とかなり安い。ホンダの場合はレジェンドに三点セットを搭載すると五七万七五〇〇円である。使いこなせれば有用なツールではあるのだが、本体車両価格に対してまだまだ割高感は否めない。

官民学[体のASVプロジェクトこのようなレーダーやカメラの目を装着したクルマは、先進安全自動車(アドバンスド・セーフティ・ビークルーーASV)と呼ばれている。しかし先進安全自動車、ASVといった言葉は、一般的にはほとんど知られておらず、その認知度はゼロに等しいというのが実際のところだ。試乗レポートでお分かり頂けたかと思うが、従来のクルマとの大きな違いは、ドライバーが何もしなくても、クルマが自動的にブレーキやアクセルを操作してくれる点だ。

最新情報
2013/09/25 Recommendを更新しました。
2013/09/21 新着記事を更新しました。
2013/09/20 自動的にブレーキを更新しました。
2013/09/17 テストコースを更新しました。
2013/09/15 見事にキープを更新しました。
2013/09/13 アダプティブを更新しました。
2013/09/12 自動車が電子化されてメカトラブルも増加、さらに危なくなった?を更新しました。
2013/09/09 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
Gulliver株式会社ティーバイティーガレージカーセンサーNet
全国展開で膨大な情報から最高値を把握し、独自のネットワークでお客様の車を高価買取、売却を実現します。無料出張鑑定、査定、買取のティーバイティーガレージのサイトです。カーセンサーNetでは複数の買取店の見積もりを比較できますので、より高い金額での売却が可能です。